馬車郎の私邸

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、将棋、プロレス観戦記など「趣味に係るエッセイ・感想・レビュー記事」をお届けします!ある市場関係者のWeb上の私邸

名曲紹介エッセイ

「出会えて良かった」菅原祥子(as虹野沙希):きらめく恋の現在と、未来の家庭における夫婦の穏やかな愛情【名曲紹介67】

プロとして歌うのは高度な技能が必要だが、キャラクターとして歌うのは更に高度な技能と特色ある個性を要する。歌を作るだけではなく、キャラクターのイメージソングを作る必要があるからだ。菅原祥子(敬称略、以下同)が虹野沙希として歌う一連のキャラソ…

紅蓮華/ Lisa・香水 / 瑛人:大ヒットソングに学ぶあなたの人生を変える第1歩!【名曲紹介65/66】

新ブログのほうに2曲まとめて書きました→【紅蓮華/ Lisa・香水 / 瑛人】大ヒットソングに学ぶあなたの人生を変える第1歩【鬼滅の刃ヒットの要因も分析】

ときメモ関連記事の総まとめ・目次です!

今まで書いた「ときめきメモリアル」シリーズの記事をまとめました!ときメモとの出会いはファーストコンタクトとしては「突撃パッパラ隊!」や「こち亀」、実際にソフトを買ったのは高須賀由枝先生の「グッドモーニング・コール」を読んだのがきっかけです…

「青と夏」Mrs. GREEN APPLE:フィクションを見て感じる気持ちは本物。要は、青になれ!ってことだ【名曲紹介64】

秋が深まるなかだが、「青になれ!」の次は、Mrs. GREEN APPLEの「青と夏」をご紹介したい。「襟なしのシャツに 10月が来ても夏は終わらない」からだ。 Mrs. GREEN APPLEを初めて知ったのは、「遊☆戯☆王ARC-V」のエンディングテーマ「Speaking」だった。メジ…

「恋はほどほどに~過ちを2度繰り返さない為に~」川口雅代(as片桐彩子):愉快なオノマトペで、若き日の恋を振り返る名曲【名曲紹介61】

名曲紹介60『「SMILE:シンガーソングライターとキャラクターの高度な融合!』で、片桐さんはカラオケでは最初は恥ずかしがりつつも、特殊イベントで「恋はほどほどに」という曲を歌ってくれるのだと書いた。そういうわけで、川口雅代さんのボーカルが堪能で…

「SMILE」川口雅代(as片桐彩子):シンガーソングライターとキャラクターの高度な融合!【名曲紹介60】

初代ときめきメモリアルのキャストは、実はほぼ専業の声優はいない。そのなかで、シンガーソングライターの川口雅代(敬称略、以下同)が声を担当したのが、片桐彩子だ。その昔、「ゼロの使い魔」を書いたライトノベルの大家、故・ヤマグチノボル先生はテキ…

「Wake Up H×ERO! feat.炎城烈人(CV:松岡禎丞)」HXEROS SYNDROMES (ド級編隊 エグゼロス OP):史上最高のOP詐欺(褒め言葉)!【名曲紹介59】

2014年に結婚後、妻とは一緒によくアニメを見るようになった。とはいえ、供給が多すぎるこの時代、毎クールどのアニメを鑑賞するかは、悩みの種だ。そこで私は、松岡禎丞(敬称略、以下同)とその名パートナーである茅野愛衣が出演しているかどうかをアニメ…

「儚き季節に舞う蝶よ」茅野愛衣as姫萩紅葉:知られざるキャラソンの名曲!【名曲紹介58】

2014年に結婚後、妻とは一緒によくアニメを見るようになった。とはいえ、供給が多すぎるこの時代、毎クールどのアニメを鑑賞するかは、悩みの種だ。そこで私は、茅野愛衣(敬称略、以下同)とその名パートナーである松岡禎丞が出演しているかどうかをアニメ…

「赤い鼓動」野村真弓(as一文字茜):チェッカーズ「ギザギザハートの子守唄」のオマージュ・ソング!?【名曲紹介57】

ときめきメモリアルは、(恋愛というよりむしろ)高校生活をシミュレーションするゲームでもあるが、プレイヤーのノスタルジアを駆り立てるべく、わざと発売当時よりも古めかしくデザインされているのだそうだ。豊富なキャラクターソングにおいても、往年の80…

名曲紹介56:「雨のちまた雨」栗原みきこ(as美樹原愛):内気な美樹原さんが実は秘めているコミュニケーション力のノウハウに学べ!

内気でおとなしい人ほど、内面では饒舌なものだ。言葉がなかなか出てこないのは、内なる対話が活発なせいなのだから。美樹原愛のキャラクターイメージソング「雨のちまた雨(作詞:くまのきよみ 作曲:村井聖夜 編曲/演奏:塚山エリコ ギター:立山健彦 コー…

名曲紹介55:坂本真綾「色彩」:考察・解釈不要の歌詞でテーマを明快に示してくれる主題歌!

歌詞の考察は曲を繰り返し楽しむのに役立つが、聴いてすぐわかるようなシンプルさを備えたうえで、味わい深い曲が理想だ。特にタイアップで使われる曲は、作品のキーコンセプトをキャッチーに織り込んでいるとなお良い。たとえば、坂本真綾(敬称略、以下同…

名曲紹介54:坂本真綾「逆光」:まさに円熟の極み。詞・曲・歌声が三位一体となって調和した優美な名曲!

クラシック好きの私にとっては、ポップスであっても、ピアノやストリングス(弦楽器)がドラマティックに大活躍する曲はとても好みです。したがって、坂本真綾(敬称略、以下同)「逆光」はどストライクです。なので、今回は日銀を揶揄するのではなく、ちゃ…

名曲紹介53:坂本真綾「躍動」:疾走感あるサウンドが"予感"へとプレイヤーを駆り立てる…!

坂本真綾の新曲「躍動」は、その疾走感あるサウンドがまだ見ぬこの先への展開……すなわち"予感"へとプレイヤーを駆り立てる名曲である。 ソニーの収益を下支えする世界最大級のスマホゲーム「Fate/Grand Order」は、第2部の5章前・後編で大きな折り返し点を迎…

名曲紹介52:「天使のホイッスル」前田千亜紀(as佐倉楓子):声×曲×歌詞を楽しく堪能できる良曲。サックスの活躍にも注目だ!

Twitterでとても可愛らしい楓子ちゃんのイラストをお描きになっていた人からのリクエストをお受けしました。今日紹介するのは前田千亜紀さんの「天使のホイッスル」です。 「天使のホイッスル」は、2001年8月29日発売の「ときめきメモリアル2 ボーカルトラッ…

名曲紹介51:「Freedom」野田順子:開放感ある伸びやかなボーカル!

「ときめきメモリアル2」20周年、「勇気の神様」、「笑顔の決心」、「Brilliant」と、これまでの記事で紹介してきた。そこで今日は陽ノ下光の声優としてではなく、アーティスト「のだじゅん」としての曲をご紹介したい。ファーストアルバム「FLY AWAY(2000…

名曲紹介50:「Brilliant」野田順子(as陽ノ下光):海面の光の煌めきを思わせる輝く名曲!

「勇気の神様」、「笑顔の決心」の記事をすでに書いたので、夏を先取りして「Brilliant」野田順子(as陽ノ下光)を紹介したい。「Brilliant」は水面の光の煌めきを思わせる、キラキラとした音のイントロの後、キャッチーなサビから始まる。「走って行こう き…

名曲紹介49:「降りしきる雨は蒼く」長沢ゆりか:苦い味わいをバラードと雨の情景に添えて

db-FMというワードに反応を示したあなたは、90年代のサブカルチャーシーンに通暁した方だとお見受けする。db-FMは架空の放送局からインターネット放送局へと移行した(現在は閉局)。今でこそネットラジオ配信は当たり前だが、コナミには先見の明があったと…

名曲紹介48:「風がかわるたび」金月真美as藤崎詩織:KONAMIよ、ときメモ26周年の日に風向きをかえよう!

ときめきメモリアル26周年を迎えたこの日に聞きたい曲をご紹介しよう。「風がかわるたび(金月真美as藤崎詩織)」は、爽やかさと切なさが同居した名曲だ。過ぎし日の青春に思いを馳せるにはピッタリと言えよう。 1999年4月2日に発売された3枚目のアルバム『…

名曲紹介47:鈴木修「ENFONCER(アンフォンセ) 」≪ノア・潮﨑豪のテーマ≫:憂いと格調高さが同居する懐の深い名曲

大会場に響く入場曲は、プロレスラーの入場を引き立て、華を添える。「ENFONCER(アンフォンセ) 」は不思議な魅力を備えた入場曲だ。潮崎豪選手が、若手時代の一直線に元気な「Keep on Going(作曲・A-bee)」から、「ENFONCER (作曲・鈴木修)」にテーマ…

ラブソングの王様が贈る情熱的メロディー:鈴木雅之『DADDY ! DADDY ! DO ! feat. 鈴木愛理』:「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~」OP:名曲紹介46

「 アニソン界の大型新人再び!!」大御所が殴り込みをかけたのは、アニソン界。ここでは新人だが、圧倒的な歌唱力とパフォーマンスで"大型新人"と認知され、鈴木雅之じゃねぇか!となった。もちろん、うまくいったのは「 ラブ・ドラマティック feat. 伊原六…

名曲紹介45:「エブリデイワールド」(早見沙織、東山奈央)「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」ED:俺ガイル延期だって?青春の今・昔に思いを馳せよう

まろやかでコクがある味わい。音楽でも美声に酔うことができる。「エブリデイワールド 」はそんな1曲だ。 (CDジャケットより) 「エブリデイワールド (作詞:藤林聖子、作曲:黒須克彦)」はこの4月から完結編となる3期放送を開始(する予定だっ)た「やは…

名曲紹介44:田辺 弘明「Explosion Soul」 NOAH清宮海斗入場曲 まるでFFの戦闘曲のようなかっこよさ!

あなたの会社の新入社員が、会社を牽引する存在だったとしたら…どうだろうか?だが、それは実際、プロレスリング・ノアではあり得たのだ。 清宮海斗選手は1996年7月17日生まれ。2015年12月9日デビューだ。海外武者修行から凱旋後に、2018年に潮﨑とタッグを…

名曲紹介43:「雨」(菊池志穂as館林見晴):雨モチーフの知られざる名曲

雨に感情はない。しかし、雨の降る様子や雨音に、人間は心情を投影する。 中西保志「最後の雨」、森高千里「雨」、ニール・セダカ「雨に微笑みを」、ショパン前奏曲 作品28の15「雨だれ」など雨をモチーフにした曲は枚挙にいとまがない。 だが、今回紹介する…

名曲紹介42:「ヒーリングっど・プリキュアTouch!!」/北川理恵『ヒーリングっど・プリキュア』OP:1年使う大切な主題歌は円熟の極み!

「ヒーリングっど・プリキュア」は通算17作目にして、15代目のプリキュアだ。私としては、まほプリ以来のリアルタイム視聴だが、主演声優の悠木碧贔屓である点を割り引いてみても、作品として好感が持てる。内容シリーズとして円熟の極みに達しているように…

名曲紹介41:光田康典「クロノトリガー」格調高く雄大な、時空冒険の序曲!

スーパーファミコンの超大作RPG『クロノ・トリガー』は1995年3月11日に発売された。今日が25周年である。まだスクウェアとエニックスが合併していなかった頃、『ドラゴンクエスト』の堀井雄二、『ファイナルファンタジー』の坂口博信、『ドラゴンクエスト』…

名曲紹介40:「ラビリンス~あなたに届くまで」(菊池志穂as館林見晴):菊池志穂さんが渾身のボーカルと作詞で愛の迷路へといざなう完成度の高い名曲!

「名曲紹介9:要考察な歌詞を宇宙規模で伸びやかに歌い上げる!」で「フィフネルの宇宙服」を紹介した。館林見晴のキャラクターソングはこれだけでなく、名曲が多いので紹介してみよう。今日は「ラビリンス~あなたに届くまで」だ。 「ラビリンス~あなたに…

名曲紹介シリーズ目次:ジャンル別まとめ

【邦楽】 名曲紹介2:ヒットソングの裏に名曲あり! KAN「恋する2人の834km」 18/7/7 名曲紹介4:美しい曲は毒にも薬にもなる―光永亮太 「ALWAYS」(ドラマ「いつもふたりで」主題歌)18/7/8 名曲紹介5:シンプルで洗練された清涼感あるCMソングの名曲! 「…

名曲紹介39:「Unbreakable」悠木碧:激しくも力強い王道的アニメOP楽曲

現在放送中のアニメ「インフィニット・デンドログラム」OP「Unbreakable(作詞:hisakuni 作曲・編曲:金崎真士)」を今日は紹介しよう。松岡禎丞、日野聡、茅野愛衣、佐藤聡美、悠木碧の出演情報で見るアニメをスクリーニング(19年夏アニメ、19年秋アニメ…

名曲紹介38:村下孝蔵「踊り子」:幻惑的なループ調の旋律と哀愁漂う美声に酔いしれる名曲

名曲紹介37:「My life is great」田村ゆかり(as伊集院メイ):出世作で歌うゴキゲンなロックンロール!を書いていた時、ふと村下孝蔵を思い出した。それは、MOTHER3「こうもりさんツイスト」とザ・ベンチャーズ「バットマン(1966年)」のことを引用した時…

名曲紹介37:「My life is great」田村ゆかり(as伊集院メイ):出世作で歌うゴキゲンなロックンロール!

今日ご紹介するのは、田村ゆかり「My life is great」だ。田村ゆかりといえば、2000年代を代表する実力派のアイドル声優と名高い。下積みを経て出世作の一つとなったのは、2019年に20周年を迎えた「ときめきメモリアル2」だろう(参考:記念記事) 演じたの…