馬車郎の私邸

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、将棋、プロレス観戦記など「趣味に係るエッセイ・感想・レビュー記事」をお届けします!ある市場関係者のWeb上の私邸

「出会えて良かった」菅原祥子(as虹野沙希):きらめく恋の現在と、未来の家庭における夫婦の穏やかな愛情【名曲紹介67】

プロとして歌うのは高度な技能が必要だが、キャラクターとして歌うのは更に高度な技能と特色ある個性を要する。歌を作るだけではなく、キャラクターのイメージソングを作る必要があるからだ。菅原祥子(敬称略、以下同)が虹野沙希として歌う一連のキャラソ…

紅蓮華/ Lisa・香水 / 瑛人:大ヒットソングに学ぶあなたの人生を変える第1歩!【名曲紹介65/66】

新ブログのほうに2曲まとめて書きました→【紅蓮華/ Lisa・香水 / 瑛人】大ヒットソングに学ぶあなたの人生を変える第1歩【鬼滅の刃ヒットの要因も分析】

ときメモ関連記事の総まとめ・目次です!

今まで書いた「ときめきメモリアル」シリーズの記事をまとめました!ときメモとの出会いはファーストコンタクトとしては「突撃パッパラ隊!」や「こち亀」、実際にソフトを買ったのは高須賀由枝先生の「グッドモーニング・コール」を読んだのがきっかけです…

「青と夏」Mrs. GREEN APPLE:フィクションを見て感じる気持ちは本物。要は、青になれ!ってことだ【名曲紹介64】

秋が深まるなかだが、「青になれ!」の次は、Mrs. GREEN APPLEの「青と夏」をご紹介したい。「襟なしのシャツに 10月が来ても夏は終わらない」からだ。 Mrs. GREEN APPLEを初めて知ったのは、「遊☆戯☆王ARC-V」のエンディングテーマ「Speaking」だった。メジ…

悠木碧 関連記事まとめ

・声優・悠木碧朗読「手袋を買いに(著:新美南吉 )」:大人になってわかる名作童話の裏の良さとは? ・声優・悠木碧に学ぶ職人の仕事論とプロフェッショナル・ファン論 ・名曲紹介39:「Unbreakable」悠木碧:激しくも力強い王道的アニメOP楽曲 ・【ライブ…

「青になれ!」菊池志穂(as館林見晴):空・海・青が突き抜ける!コーラのCMに使うべき爽快さ!【名曲紹介63】

「鬼滅の刃」劇場版を見に行ったので、新ブログで先日呼吸に関する本を紹介した。呼吸をマスターしている職業の例として挙げられるのは、なんといっても声優であると言えよう。実は初めてライブに行ったのは、菊池志穂さんのバースデイライブだった。30本以…

「My Sweet Days」菊池志穂(as館林見晴):8時5分過ぎの改札で待ってる私をあなたは知ってますか?【名曲紹介62】

「My Sweet Days」は館林見晴の数あるキャラソンのなかでも特別な位置づけである。元は、『ボーカル・ベスト・コレクション3』に収録されていた曲だが、館林見晴名義のCDアルバム「My Sweet Days」で表題を務めているのだから。しかも曲順は4番目、4番打者だ…

「恋はほどほどに~過ちを2度繰り返さない為に~」川口雅代(as片桐彩子):愉快なオノマトペで、若き日の恋を振り返る名曲【名曲紹介61】

名曲紹介60『「SMILE:シンガーソングライターとキャラクターの高度な融合!』で、片桐さんはカラオケでは最初は恥ずかしがりつつも、特殊イベントで「恋はほどほどに」という曲を歌ってくれるのだと書いた。そういうわけで、川口雅代さんのボーカルが堪能で…

「SMILE」川口雅代(as片桐彩子):シンガーソングライターとキャラクターの高度な融合!【名曲紹介60】

初代ときめきメモリアルのキャストは、実はほぼ専業の声優はいない。そのなかで、シンガーソングライターの川口雅代(敬称略、以下同)が声を担当したのが、片桐彩子だ。その昔、「ゼロの使い魔」を書いたライトノベルの大家、故・ヤマグチノボル先生はテキ…

人気作品の続きが続々!しかもあの往年の名作のリメイクも…!?:20年秋アニメも松岡禎丞、日野聡、茅野愛衣、佐藤聡美、悠木碧でスクリーニング!

「新しい物語をつくろう。」KADOKAWAが依然として過剰供給を主導しており、この状況に対応するためのスクリーニングも実に6回目となった。20年秋アニメは、前回記事でご紹介した20年夏アニメ からの延期作品も多く、59作品が放映される模様(アニメイトタイ…

「Wake Up H×ERO! feat.炎城烈人(CV:松岡禎丞)」HXEROS SYNDROMES (ド級編隊 エグゼロス OP):史上最高のOP詐欺(褒め言葉)!【名曲紹介59】

2014年に結婚後、妻とは一緒によくアニメを見るようになった。とはいえ、供給が多すぎるこの時代、毎クールどのアニメを鑑賞するかは、悩みの種だ。そこで私は、松岡禎丞(敬称略、以下同)とその名パートナーである茅野愛衣が出演しているかどうかをアニメ…

「ハニーレモンソーダ」祝・実写映画化!20年りぼんを読んできた私の率直な感想、キャスト(ラウール、吉川愛)も注目!

祝・実写映画化決定!「りぼん」の看板マンガ「ハニーレモンソーダ」にとって明るい話題です。テラスモール湘南やみなとみらいをロケ地に目撃情報、神奈川県を中心にエキストラ募集があったなどの噂がネット上であったそうですが、「ハニーレモンソーダ」だ…

「儚き季節に舞う蝶よ」茅野愛衣as姫萩紅葉:知られざるキャラソンの名曲!【名曲紹介58】

2014年に結婚後、妻とは一緒によくアニメを見るようになった。とはいえ、供給が多すぎるこの時代、毎クールどのアニメを鑑賞するかは、悩みの種だ。そこで私は、茅野愛衣(敬称略、以下同)とその名パートナーである松岡禎丞が出演しているかどうかをアニメ…

「赤い鼓動」野村真弓(as一文字茜):チェッカーズ「ギザギザハートの子守唄」のオマージュ・ソング!?【名曲紹介57】

ときめきメモリアルは、(恋愛というよりむしろ)高校生活をシミュレーションするゲームでもあるが、プレイヤーのノスタルジアを駆り立てるべく、わざと発売当時よりも古めかしくデザインされているのだそうだ。豊富なキャラクターソングにおいても、往年の80…

名曲紹介56:「雨のちまた雨」栗原みきこ(as美樹原愛):内気な美樹原さんが実は秘めているコミュニケーション力のノウハウに学べ!

内気でおとなしい人ほど、内面では饒舌なものだ。言葉がなかなか出てこないのは、内なる対話が活発なせいなのだから。美樹原愛のキャラクターイメージソング「雨のちまた雨(作詞:くまのきよみ 作曲:村井聖夜 編曲/演奏:塚山エリコ ギター:立山健彦 コー…

名曲紹介55:坂本真綾「色彩」:考察・解釈不要の歌詞でテーマを明快に示してくれる主題歌!

歌詞の考察は曲を繰り返し楽しむのに役立つが、聴いてすぐわかるようなシンプルさを備えたうえで、味わい深い曲が理想だ。特にタイアップで使われる曲は、作品のキーコンセプトをキャッチーに織り込んでいるとなお良い。たとえば、坂本真綾(敬称略、以下同…

名曲紹介54:坂本真綾「逆光」:まさに円熟の極み。詞・曲・歌声が三位一体となって調和した優美な名曲!

クラシック好きの私にとっては、ポップスであっても、ピアノやストリングス(弦楽器)がドラマティックに大活躍する曲はとても好みです。したがって、坂本真綾(敬称略、以下同)「逆光」はどストライクです。なので、今回は日銀を揶揄するのではなく、ちゃ…

「Fate/Grand Order -Cosmos in the Lostbelt-」第2部 30秒CM集まとめ 坂本真綾「逆光」

2.1 Lostbelt No.1 永久凍土帝国アナスタシア(獣国の皇女) 「Fate/Grand Order -Cosmos in the Lostbelt-」永久凍土帝国 アナスタシア 30秒CM 2.2 Lostbelt No.2 無間氷焔世紀ゲッテルデメルング(消えぬ炎の快男児) Lostbelt No.2 無間氷焔世紀 ゲッテルデメ…

名曲紹介53:坂本真綾「躍動」:疾走感あるサウンドが"予感"へとプレイヤーを駆り立てる…!

坂本真綾の新曲「躍動」は、その疾走感あるサウンドがまだ見ぬこの先への展開……すなわち"予感"へとプレイヤーを駆り立てる名曲である。 ソニーの収益を下支えする世界最大級のスマホゲーム「Fate/Grand Order」は、第2部の5章前・後編で大きな折り返し点を迎…

初めてのワイヤレスイヤホン:ソニー「WF-1000XM3」があなたの音楽体験を豊かにする5つの特長【オススメの1品!】

「名曲紹介シリーズ」 をこのブログでお届けするくらい、音楽好きの私ですが、初体験のワイヤレスイヤホンを半年使った感想をレビューとして今日は書きます。結論から言うと、ソニー「WF-1000XM3」はオススメです。その理由は5つの特長にあります。順にご紹…

名曲紹介52:「天使のホイッスル」前田千亜紀(as佐倉楓子):声×曲×歌詞を楽しく堪能できる良曲。サックスの活躍にも注目だ!

Twitterでとても可愛らしい楓子ちゃんのイラストをお描きになっていた人からのリクエストをお受けしました。今日紹介するのは前田千亜紀さんの「天使のホイッスル」です。 「天使のホイッスル」は、2001年8月29日発売の「ときめきメモリアル2 ボーカルトラッ…

NOAH・DDT・このすば・NieRファンのためのサイバーエージェント20/9期第3四半期決算のポイント

NOAHが「ABEMA 」、「DDTUNIVERSE」といった配信インフラでTVマッチを放映する意義は、改めて非常に大きいと感じている。サイバーエージェント傘下に入ったのは良い決断だった。興行停止後も既存・新規のファンにアプローチできたからだ。なお、この間ブシロ…

名曲紹介51:「Freedom」野田順子:開放感ある伸びやかなボーカル!

「ときめきメモリアル2」20周年、「勇気の神様」、「笑顔の決心」、「Brilliant」と、これまでの記事で紹介してきた。そこで今日は陽ノ下光の声優としてではなく、アーティスト「のだじゅん」としての曲をご紹介したい。ファーストアルバム「FLY AWAY(2000…

「キャラメル シナモン ポップコーン 」第1巻、吉住渉:甘々なラブストーリーの行く末に期待がかかる、巨匠の大型新連載!【ネタバレなし感想】

「キャラメル シナモン ポップコーン 」は吉住渉先生の最新作。「ママレード・ボーイLittle」の連載後、満を持しての新連載投入とあって、とても楽しみでしたのでご紹介します。 吉住渉と言えば、言わずとしれた少女漫画の大家。近年は「ココハナ(Cocohana…

名曲紹介50:「Brilliant」野田順子(as陽ノ下光):海面の光の煌めきを思わせる輝く名曲!

「勇気の神様」、「笑顔の決心」の記事をすでに書いたので、夏を先取りして「Brilliant」野田順子(as陽ノ下光)を紹介したい。「Brilliant」は水面の光の煌めきを思わせる、キラキラとした音のイントロの後、キャッチーなサビから始まる。「走って行こう き…

名曲紹介49:「降りしきる雨は蒼く」長沢ゆりか:苦い味わいをバラードと雨の情景に添えて

db-FMというワードに反応を示したあなたは、90年代のサブカルチャーシーンに通暁した方だとお見受けする。db-FMは架空の放送局からインターネット放送局へと移行した(現在は閉局)。今でこそネットラジオ配信は当たり前だが、コナミには先見の明があったと…

延期作品のスケジュールを整理しよう!:20年夏アニメも松岡禎丞、日野聡、茅野愛衣、佐藤聡美、悠木碧でスクリーニング!

「新しい物語をつくろう。」KADOKAWAが依然として過剰供給を主導しており、スクリーニングも実に5回目となった。コロナ禍によるサプライチェーン麻痺はコンテンツ産業をも直撃しており、20年夏アニメは、前回記事でご紹介した20年春アニメからの延期作品を中…

U-NEXTで、無料とは言わないまでも「4割引」でマンガを買う方法

仕事柄、電子コミックの配信サービスに関して関連企業の業績を調べるなか、リーズナブルにマンガを購入する手段がないか探したところ、見つけました。無料とは言わないまでも「4割引」でマンガを買う方法です。私の場合、1万円を節約して68冊の購入に成功し…

酒井まゆ「群青リフレクション」全5巻:顔も心も丸っこい、ひたむき主人公の青春・芸能ラブストーリー!【りぼん名作紹介2】

「りぼん名作紹介」と題して、昨日は春田なな先生の「6月のラブレター」をご紹介しました。 春田なな先生と双璧をなす「りぼん」の伝統を守るエース格と言えば、やはり酒井まゆ先生でしょう(お二方のサインは我が家の家宝です)。酒井先生といえば、2020年7…

春田なな「6月のラブレター」全3巻:ふり返るとその顔は死んだはずの友人だった…!【りぼん名作紹介1】

読後感爽やかなラブコメは良いですよね! 春田なな「6月のラブレター」を今日はご紹介します。「りぼん」関連の本誌・コミックスの感想を最近ブログに投稿していなかったので、今後定期的に「りぼん名作紹介」と題して、オススメ作品の感想・レビューをお届…